記事の詳細

声優の仕事内容といえば「アニメの声を担当する」というのが一般的なイメージですが、そのオーディションの倍率は非常に高く、とても狭くて厳しい道になります。とはいえ近年、声優として活躍できる仕事のジャンルが広がり(特にWEBやスマホ)、昔に比べてその需要は増えてきています。

ここでは声優として活動できる仕事の内容をジャンル別に紹介していきます。アニメ枠に限定しすぎると食べていくのが難しいのが現状なので、これから声優を目指す方には幅広いジャンルで活躍・活動できることが求められます。

声優として活動できる仕事の内容

アニメの声

声優という言葉を聞いたときに、誰もが最初にイメージするであろうお仕事です。基本的には撮影が終わった映像に対して、後から音やセリフを入れていくアフレコ(アフターレコーディング)という作業を行います。

声優を目指す人にとって最も人気のある仕事で、オーディションの倍率が高いのが特徴。審査では演技力だけではなく、キャラクターのイメージに合わせて上手く表現することが大切です。声優としての起用は、監督、原作者、プロデューサー、音響ディレクターの間で決定されます。

アニメ業界では、まずは端役からデビューして一つ一つ真面目に仕事をこなしながらスタッフの信頼を得ることで、やがて大きな役にたどり着くという方が多いようです。

  • 完成した映像に、後からセリフを入れるアフレコのお仕事。
  • 声優を目指す人にとって、一番人気があるジャンル。
  • オーディションの倍率は高い。落ちてもめげないこと。

外画の吹き替え

外画(外国映画)の吹き替えも、声優にとって大きなお仕事となります。海外俳優の口の動きに合わせて声を「あてる」ことからアテレコ(アフレコをまねた造語)を呼ばれています。

ここ数年で韓流ドラマがすごい勢いで普及して、昔に比べて吹き替えの需要は大きく増えました。今後も海外の作品が日本で放映されるかぎり、吹き替えのお仕事は必要不可欠です。起用にはオーディションよりも、音響ディレクターや製作側の判断で直接決まることが多いようです。

吹き替えのお仕事では、俳優の口の動きに合わせることはもちろんですが、アニメの声よりもよりナチュラルな演技力が求められます。

  • 口の動きに合わせて声をあてる、アテレコのお仕事。
  • 韓流ドラマの影響などで需要は増えている。
  • アニメよりのナチュラル(自然)な演技が必要。

ゲームのキャラクター

声優の新たな活躍の場として需要が大きく伸びているジャンルです。昔のようにテレビゲーム主体ではなく、オンラインゲームやスマホゲームなどをきっかけに、声優としてブレイクできる可能性が大きく広がってきました。

特に最近のゲームにはストーリー性が求められることが増えて、アニメの作品がゲーム化されることも少なくはありません。ストーリーがプレイヤーの選択によって分岐するので、担当するセリフの量が多くなって収録はハードになります。

ゲームの場合はアニメのように大勢で集まって仕事をするわけではなく、一人で声を録音する「オンリー録り」が一般的です。

  • スマホやオンラインゲームで需要は大きく増えているジャンル。
  • セリフの量は多くなるので収録はかなりハード。
  • ゲームの仕事は、一人で声を録音する「オンリー録り」が一般的。

ラジオパーソナリティ

ラジオのパーソナリティやDJも、声優の仕事として増えてきています。映像や役柄があるわけではないので、個人のキャラクター性とトーク力で惹きつけてリスナーに声優としての魅力を伝えます。

声優本来の演技を必要とする仕事とは離れますが、声だけで勝負する仕事として必要なジャンルでもあります。基本的にはある程度の知名度があって初めて依頼が来るのですが、声優養成所によっては在学中にアシスタントとして出演の機会が与えられることもあります。

  • 個人のキャラクター性とトーク力が重要になるお仕事。
  • 基本的にはある程度の知名度があって初めて依頼が来る。
  • 養成所によっては在学中でも出演の機会が与えられることも。

ナレーション

バラエティー番組やドキュメンタリーなどのテレビ番組や、企業のPR映像、観光案内、学校の教育・教材VTR、デパートの店内放送など、ナレーションの仕事は実に様々です。テレビ番組のナレーションには芸能人の起用が目立っていますが、需要自体が多いのでアナウンサーに限らず声優の進出も目立ってきています。

ナレーションに求められるのは内容を正確に伝えることです。発音や発生、アクセントといった基本的な技術が特に重要になります。ナレーションの用途に合わせて、表現方法を変えることのできる柔軟性も必要です。

  • ナレーションの仕事は種類が多く、活動できる場所は広い。
  • 発音や発生、アクセントといった基本的な技術が求められる。
  • 臨機応変に表現方法を変えることのできる柔軟性も必要。

歌手活動

アニメに出演すれば、キャラクターとして主題歌や挿入歌を歌うこともあります。CDとして販売されれば各種イベントで披露することも多くなります。アイドル声優というイメージが定着しつつあり、顔を出して活動することが多いためルックスも優位に働くかもしれません。

  • 基本的にはアニメに出演して知名度を上げる必要がある。
  • 主題歌などがCD化されれば、イベントで披露することが多くなる。
  • アイドル声優というイメージが強く、ある程度のルックスが求められることも。

ドラマCD

ドラマCDとは、音声だけのドラマをCD化して販売しているものです。アニメやゲームを元にしたシナリオが使用されることが多く、映像がないのでアフレコ・アテレコに比べると想像力が必要になるお仕事です。特に同人系は活動の場所が広いので、ドラマCDをきっかけにして有名になるチャンスもあります。

  • 同人系のドラマCDは活動の場所が広く、ネットで仕事を探しやすい。
  • 映像がないので、自分なりの想像力が必要。
  • 同人系ドラマCDも有名になるための一つのきっかけになる。

アプリの声・WEB販売

ここ最近で需要が増えていて、これからも伸びていきそうなジャンルです。スマホアプリに使われる音声や、声を吹き込んだカーナビなど、声を利用したアプリ系商品は次々に新しいものが開発されています。またWEB上では、依頼に合わせて自分の声を販売できるサイトもあります。

アニメだけでは活躍できる入り口は狭くて厳しいですが、こういったジャンルに活用されることで声優の需要はこれから増えていくと思われます。

  • 声優の新しい場所として、今後も需要が伸びていきそう。
  • 声を利用したアプリ関連の商品は、次々に新しいものが開発されている。
  • 自分の声をネットで販売して、練習しながら副収入を得るという手も。

イベント司会者

一般的にはアナウンサーやタレントの方に依頼することが多い仕事ですが、ある程度人気のある声優にもイベントの司会を頼まれることは多々あります。ラジオのパーソナリティと同じように、個人のキャラクター性とトーク力が求められるお仕事です。

  • ある程度有名になれば、声優でもイベントの司会を頼まれることは多々ある。
  • 演技力より、個人のキャラクター性とトーク力が求められるお仕事。

関連記事

ページ上部へ戻る