記事の詳細

声優業は多くの方が憧れを抱いている職業ですが、仕事でもらえる給料に関しては決して安定したものではありません。声優を目指すのであれば、憧れと現実との差を受け入れた上で「自分には声優しかない」という強い意思が必要です。

ここでは各ジャンルでもらえる収入と、声優の平均年収について紹介していきます。この収入は実際に仕事が入ったときの話になりますので、声優になったからといって必ずこれらの収入が得られるわけではありません。

仕事のジャンル別に収入について

基本的に食べていくのが難しいと言われている声優業界では、仕事を選んでばかりはいられません。有名になるまでは、アルバイトをしたり、色んなジャンルのお仕事を引き受ける必要があります。

アニメの声を担当するときの収入

デビューしたての新人さんの場合、30分枠の番組の最低ラインが15,000円程度。この収入は活躍によって45,000円程度にまで上がります。

仮に月10本、30分枠の仕事が入ったとすると以下のような感じです。

  • 月収15,000円~45,00円×10=15万~45万
  • 年収15万~45万×12=180万~540万

ですが月に10本もの仕事が入ることなんてめったになく、声優業界の中でも全体の1割程度だとも言われています。アニメに限定せず、他のジャンルの仕事も引き受けないと食べていくのは難しいと思います。

  • 30分枠の最低ラインは15,000円程度。
  • 声優として人気が出ると45,000円程度になる。

外画の吹き替えの収入

吹き替えのお仕事の場合、洋画や海外ドラマ1時間で平均50,000円程度。人気声優になると1時間の吹き替えで150,000円程度になる場合もあります。

吹き替えは製作側の判断で直接決まることが多いのですが、声優の収入源としてしはとても大きいものになります。

  • 1時間もので平均が50,000円程度。
  • 人気声優になると150,000円程度にもなる。

ゲームのキャラクターの収入

ゲームソフトのキャラクターの仕事でもらえるギャラは、日俳連(日本俳優連合)の規定とは無関係に決まることが多いです。基本的には1文字単位で計算され、新人の場合1ワード30円程度だといわれています。実績のある声優の場合は1ワード200円程度に跳ね上がります。

仮に5000ワードを担当すると仮定すれば、以下のような収入が得られます。

  • (新人声優の場合)30円×5000=15万円
  • (実績のある声優)200円×5000=100万円

需要が増えている分野だけに声優業には欠かせない仕事です。美少女系のジャンルによっては、2倍以上のギャラが提示されることもしばしばです。

  • 新人の場合は1ワード30円程度。
  • 実績のある声優は1ワード200円程度になる。

ナレーションの収入

ナレーションの仕事に関する収入は、そのジャンルによってピンきりです。例えばスーパーマーケットのアナウンスだと、安くて1回1000円ということもあります。これがテレビコマーシャルになると、1本で100万円の収入になることもあります。テレビ番組になると、1回で10万円程度が相場です。

  • ナレーションの収入は、ジャンルによって大きく異なる。
  • テレビに関わるナレーションだと収入は多くなる。

声優の平均年収ってどれくらい?

声優の平均年収は、その声優の実績によってピンきりです。年収で5000円程度しか稼げない方もいれば、数千万円稼ぐ方もいます。一度売れてしまえば収入がガラリと変わるのが声優業界です。

安定した年収を確保している声優の方は、アニメ枠だけではなく、別でナレーターやテレビCMの声を担当していることが多いです。また同人系のショップでも、個人販売のCDが売れればプロ以上の収入になる可能性もあります。

声優は多くの方が憧れる職業ですが、どんなジャンルの嫌がらずに引き受けて、一つ一つ信頼と実績を積み重ねていることが、安定した収入を得るための近道なのかもしれません。


関連記事

ページ上部へ戻る